当帰芍薬散と柴胡桂枝湯によるレストレスレッグ症候群の治療



当帰芍薬散と柴胡桂枝湯によるレストレスレッグ症候群の治療

☑️はじめに

レストレスレッグス症候群(RLS)に対する標準的な治療法はドパミン補充療法ですが、長期間の治療には様々な副作用が伴い、中止すると効果が消失します。

これらの限界を克服するために、鍼灸や漢方への関心が高まっています。

今回約60年続いたRLSに対して、漢方処方を用いて治療に成功した症例を紹介します。

漢方投与後、両側ふくらはぎの感覚症状は劇的にコントロールされ、6ヶ月間再発することはありませんでした。

その結果、約60年間続いていた睡眠障害が劇的に改善されました。

プロローグ

Rp.当帰芍薬散🆕
柴胡桂枝湯🆕
👵寝る時に足がむずむずしてね
👧💭むずむず足症候群だわ…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について