発熱と悪寒の併存する麻黄湯証、体は温めるのと冷やすのとどちらがよいですか



発熱と悪寒の併存する麻黄湯証、体は温めるのと冷やすのとどちらがよいですか

☑️はじめに

風邪の引き初めには熱と同時に悪寒がします。

いったい保温とクーリングのどちらがいいのでしょう。

記事ではこの病態の把握と治療法を西洋医学と漢方の両面から解説します。

さくら先輩、麻黄湯は太陽病期の表実証、真熱表仮寒証に用いるのでしたね。

ゆきさん、勉強しているね。漢方の病態把握と治療法を再確認しよう。

プロローグ

Rp.麻黄湯
👨熱があります。寒気がして震えが
‍‍👧先輩が真熱表仮寒証とか言ってたやつ…体は温める?冷やす?

👩風邪を引くと、体は熱の放散を防ぎ、また熱産生を増やそうとします。

‍‍👩寒気があれば、熱が上昇する途中なので、熱があっても保温が必要です。
‍‍👩体の火照りを感じるようになったら、クーリングの適応となります。

‍‍👧麻黄湯は白湯に溶いて飲み、寒気がある間は毛布で保温して下さいね。
👩漢方による病態把握をもう少し詳しく説明しましょう。まず…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について