アレルギー性鼻炎の漢方薬ネットワークとコア処方の同定



アレルギー性鼻炎の漢方薬ネットワークとコア処方の同定

☑️はじめに

アレルギー性鼻炎(AR)は、人口の10%~25%、世界で5億人以上の患者に影響を与える世界的に重要な健康問題です。

西洋医学(WM)に加えて、漢方薬(CHM)の使用も珍しくありません。

しかしながら、CHM の処方は、臨床研究において最も重要な CHM を見つけるにはかなり複雑です。

今回紹介する研究は、ネットワーク薬理学のアプローチで漢方薬(CHM)ネットワークを生物医学データベースと接続することにより、CHMネットワークを示し、コアCHMを探索し、副鼻腔炎(AR)に対するCHMの薬理機序を探索することを目的としています。

さらに、ARの治療における西洋薬(WM)とCHMの異なる役割を想定し、CHMネットワークがカバーする分子経路の提案とあらゆる種類のWMの比較も行っています。

この研究の結果は、WMと中医学の研究者の両方にとって、ARのためのCHMの理解を深めることになるでしょう。

さくら先輩、漢方の研究は今はこんなことをしているのですね。

データマイニングの手法、これからは普通になるかもね。いっしょに見てみよう!

プロローグ

👧💭漢方って多成分すぎて薬理メカニズムの推定は難しそう…

👩データマイニングの手法で解析を試みている研究があるよ。ワクワクするね!

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について