シクロスポリンと併用する場合、アトルバスタチンの用量はどの程度にすればよいですか



シクロスポリンと併用する場合、アトルバスタチンの用量はどの程度にすればよいですか

☑️はじめに

本邦において、アトルバスタチンはシクロスポリンともっとも併用されているスタチンです。

添付文書においてピタバスタチン、ロスバスタチンが併用禁忌であり、唯一シクロスポリンと禁忌記載のないストロングスタチンのためと考えられます。

この併用でスタチンのAUCが上昇することは有名です。

Googleで検索すれば各スタチンのAUC上昇率が容易に調べられ、ミオパシーや横紋筋融解症のリスクになると書かれています。

スタチンは低用量を慎重に使用する必要があると考えられます。

それではアトルバスタチンとシクロスポリンを併用する場合、アトルバスタチンの用量はどの程度にすればよいのでしょうか

実際に横紋筋融解症を起こした症例報告はあるのでしょうか。

記事ではPubmedで検索した論文をもとに、この臨床疑問を考えて行きます。

プロローグ

1,2000人のフォロアーを有するTwitterでアンケートをとりました。

シクロスポリンと併用する場合、アトルバスタチンの用量は回答の殆どが10mg未満。
そのうちの半分強は5mg未満との回答でした。

相互作用を考慮し、低用量で慎重に使用している実態が分かりました。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について