OATP1B1を阻害するシクロスポリンの併用で、スタチンのLDL-C低下作用とミオパチーリスクはどうなりますか



OATP1B1を阻害するシクロスポリンの併用で、スタチンのLDL-C低下作用とミオパチーリスクはどうなりますか

☑️はじめに

シクロスポリンはOATP1B1阻害作用を持ち、スタチンの血中濃度を上昇させます。

そのため、シクロスポリン服用時にスタチンは減量して使用されますが、スタチンの治療効果とミオパチー発生にどのように影響するのでしょうか。

今回の記事では、OATP1B1阻害薬併用時の低用量スタチンの効果と安全性について、OATP1B1遺伝子多型の研究を参考に考察したいと思います。

国内でシクロスポリンと一番併用されているスタチンはアトルバスタチンと聞きました。

インパクトのあるAUC上昇率に比して、肝臓内暴露量はそれほど上がらないようです。一緒に見て行きましょう!

プロローグ

Rp.シクロスポリン
アトルバスタチン
👩💭併用できるのかしら
👨低用量のアトルバスタチンは慎重に使用できそうです

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について