幼児期の便秘は自閉症スペクトラム障害のリスクと関連しますか



幼児期の便秘は自閉症スペクトラム障害のリスクと関連しますか

☑️はじめに

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、社会的相互作用やコミュニケーションに持続的な問題をもたらす神経発達上の障害です。

男児に比べて女児に高い有病率が認められ、遺伝的要因と環境的要因の相互作用が考えられます。

最近の研究では、自閉症と便秘の関連が注目されており、腸内細菌叢の異常とASDの間に関連性が示唆されています。

しかし、便秘とASDの関連についての詳細なデータは不足しています。

今回紹介する研究では、台湾のデータベースを用いて、小児期の便秘とASDの関連性を調査しています。

便秘とASDの関連、意外な気がしました。

NHIRDを利用した台湾の観察研究だよ。どんな内容なのかな。

プロローグ

👧メディカルトリビューン誌でも紹介されていたよ。

「…Lee氏らは「幼児期の便秘は腸内細菌叢の乱れを招き、ASD発症に関与している可能性が示唆された。便秘を有する乳幼児においては、ASDなどの神経発達障害のリスクに注意すべき」と結論。「腸内細菌叢の変化は、母体の薬物使用や代謝性疾患、遺伝子発現などの他のASD危険因子と比べて治療、分析、予防できる可能性が高い」と付言している。」

出典: medical-tribune.co.jp

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

骨粗鬆症と末梢動脈疾患との間に関連はありますか:台湾のコホート研究



骨粗鬆症と末梢動脈疾患との間に関連はありますか:台湾のコホート研究

☑️はじめに

末梢動脈疾患(PAD)の有病率は、近年の高齢化に伴い10~20%と増加傾向です。

一方、高齢者にとって脆弱骨折のリスクがある骨粗鬆症は、以前からPADとの関連が研究されていますが、結論は出ていません。

カリフォルニアで実施された小規模なコホート研究では、女性において年齢依存で弱い関連が見られ、米国の横断研究では骨減少症および骨粗鬆症の女性でPAD有病率が有意に高い結果でした。

オランダの研究でも、大腿骨頸部骨密度が低い女性のみにPADリスクの上昇が見られ、男性では関連がないことが示されています。

また、病態生理学的因子に関する理解は進んでいますが、PADにおける骨粗鬆症の病因的役割についての確かなエビデンスは不足しています。

今回紹介する研究の目的は、NHIRDの記録を用いて骨粗鬆症とPADの関連性を検証することです。

研究の仮説は、骨粗鬆症がPADの発症率の増加と相関するというものです。

プロローグ

👵骨粗鬆症なんだけど、長く歩くとふくらはぎが張って痛くて。

👵こんどもう少し検査をしましょうって言われたのよ。

👩💭論文で読んだわ…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

デノスマブは骨粗鬆症患者の感染リスクを高めますか



デノスマブは骨粗鬆症患者の感染リスクを高めますか

☑️はじめに

骨粗鬆症は、骨折のリスクにつながる骨の脆弱性が進行する疾患です。

デノスマブは骨粗鬆症治療に用いられ、RANKLに結合して骨の脆弱性を低減させます。

3年の臨床試験で、閉経後女性の骨折リスクを有意に減少させたことが示されました。

RANKL-RANK-OPG経路は免疫と骨代謝の恒常性に関与し、デノスマブはこの経路を阻害して骨量減少を防ぎます。

しかし、感染症を始めとした長期使用による有害事象のリスクが懸念されます。

デノスマブと感染リスクの関連性についての報告は一貫性がなく、これを評価するためのコホート研究が台湾で計画されました。

PMDAの報告書ではデノスマブの易感染性は否定されていましたけれど…

この論文は易感染性との関連を証明した初めての論文だよ。わくわくするね!

プロローグ

💻「…健康な高齢男性、閉経後女性、及び低骨密度の閉経後女性を対象とした試験では、デノスマブ投与により、末梢血免疫細胞サブセットプロファイル及び免疫グロプリン産生に対して臨床的に問題となる作用は認められなかった。」

デノスマブ 臨床に関する総括評価(PMDA資料)

出典: www.pmda.go.jp

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について