メルカゾール®を用いたバセドウ病の標準的なマネジメントについて



メルカゾール®を用いたバセドウ病の標準的なマネジメントについて

☑️はじめに

バセドウ病は日常に遭遇する事の多い疾患です。

甲状腺機能亢進症の約86%を占め、人口の1.85%の頻度で見られます。

しかしながら抗甲状腺薬のマネジメントは一様でなく、日常診療を見ているだけでは標準が分かりにくい印象を持っています。

そこで、開始用量の決め方や服薬期間の他、副作用の頻度や併用する薬剤など、バセドウ病の治療についてまとめました。

さくら先輩、2019年にガイドラインが改訂されているんですね。

そのとおり。知識をアップデートしておこうね。

プロローグ

🆕メルカゾール15mg/日
 インデラル30mg/日
 ヨウ化カリウム50mg/日
👩バセドウ病と言われて…動悸がひどいです。

‍👨‍⚕️💭メルカゾールはこの量でいいのかな?ヨウ化カリウムは何?

👩‍🎓バセドウ病治療GL2019より適切な量です。

ヨウ化カリウムはFT4正常化までの期間を有意に短縮し、FT4≧5ng/dLの重症例で併用されます。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA