メトホルミン長期内服はビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血をきたす



メトホルミン長期内服はビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血をきたす

☑️はじめに

メトホルミンを長期に服用していると、ビタミンB12欠乏症が30%程度に起きるとされます。

メトホルミン服用患者にメコバラミンが処方されているのを見て不思議に思った方もあるかもしれません。

巨赤芽球貧血を起こす場合も9%程度あるようです。

メトホルミン服用中に起きるビタミンB12欠乏症と巨赤芽球貧血について見て行きましょう。

さくら先輩、メトホルミンでビタミンB12欠乏が起きるなんて初耳です。

乳酸アシドーシスほど知られていないね。ゆきさん、しっかり学んでおこう!

プロローグ

👩‍⚕️内科を転院した患者さんに、メコバラミンが開始されたのを見たことがあります。

👩‍⚕️いま思えば、メトホルミン長期服用によるビタミンB12欠乏症だったのかも知れませんね。

👩‍⚕️今度、過去の採血結果を見せてもらう機会があれば、MCVやLDHを確認してみます。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA