過多月経に抗プラスミン薬のトラネキサム酸は有効かつ安全ですか



過多月経に抗プラスミン薬のトラネキサム酸は有効かつ安全ですか

☑️はじめに

鉄欠乏性貧血において、鉄剤を使用しているのにも関わらず、Hb値、フェリチン値の改善が乏しい場合があります。

これは鉄剤不応性鉄欠乏性貧血と呼ばれ、鉄剤補充後4-6週でHb<1g/dLの上昇しかないことで定義されます。

この場合、持続性の出血の存在、過多月経(月経時の出血≧80mLで定義)、鉄吸収不良を考慮しなければなりません。

今回は過多月経に伴う鉄剤不応性鉄欠乏性貧血に焦点を絞り、過多月経に対するトラネキサム酸のエビデンスを紹介します。

さくら先輩、わたしも知りたいです。

ゆきさん、一緒に見ていこう。

プロローグ

Rp. フェロミア50mg 28日分
  トランサミン2000mg 月経開始時から 5日分

👩貧血がなかなか改善しなくて、追加になりました。
👨‍⚕️💭貧血にトランサミン?

👩‍🎓これは過多月経に対する抗プラスミン薬。コクランで13のRCTをメタ分析しています。

NNT4で過多月経を改善。1回の経血量を40~50%減少させ、QOLも改善。血栓症を増加させる証拠もありませんでした。

👨‍⚕️画期的ですね。
👩‍🎓バイアスやサンプルサイズなど研究の質の問題はありますが、試す価値はありそうですね。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について