アテノロールPKの変動要因は吸収率と腎固有クリアランス



アテノロールPKの変動要因は吸収率と腎固有クリアランス

☑️はじめに

薬物動態は薬剤師のお家芸です。

でも大学を卒業してしまうと、なかなか学び直す機会がない学問と思います。

臨床に役立つ薬物動態のブラッシュアップをしてみましょう。

難しい式が沢山出てきた授業を思いだします。本当に臨床に役立つの?

直感的に使えて直ぐに役立つ内容にします!こうご期待!

プロローグ

CLpof=CLintR/Fa

👧「なんの式ですか?」

「動態の勉強をしよう」👩

「薬効を現す遊離アテノロールの経口クリアランス(CLpof)は、腎固有クリアランス(CLintR)を吸収率(Fa)で除したもので表現されるよ」👩

「この式から、腎固有クリアランスと吸収率がアテノロールの動態の変動要因と分かるよ」👩

出典: twitter.com

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA