エゼチミブとPCSK9阻害薬はASCVD超ハイリスク患者にのみ有益ですか



エゼチミブとPCSK9阻害薬はASCVD超ハイリスク患者にのみ有益ですか

☑️はじめに

米国のコレステロール管理ガイドラインは、米国心臓協会(AHA)から発表されたガイドラインです。

2018年に5年ぶりに改訂されました。2013年版はスタチン一辺倒だったのですが、エゼチミブ、PCKS9阻害薬の位置づけが明らかにされました。

ガイドラインでは、コレステロール管理の目的は動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)の発症予防にあるとしています。

そしてASCVD2次予防に関しては、ASCVDが「超ハイリスク」という患者カテゴリーが新設されました。

このカテゴリーで最大耐用量によるスタチン治療を行ってもLDL-C高値であれば、エゼチミブの追加を、それでも効果不十分な場合はPCSK9阻害薬の追加を妥当としています。

エゼチミブとPCSK9は、いずれもスタチンに比して高薬価な薬物である上、スタチンほど堅固なエビデンスを有していません。

使いどころを定めることが肝要ですね。

心血管アウトカムへの影響をリスク層別に検証したネットワークメタ分析を紹介しよう。

Safi U Khan, et al.

PCSK9 inhibitors and ezetimibe with or without statin therapy for cardiovascular risk reduction: a systematic review and network meta-analysis

BMJ . 2022 May 4;377:e069116. doi: 10.1136/bmj-2021-069116.

出典: pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

プロローグ

Rp.ロスバスタチン
 エゼチミブ
 DAPT、DPP4-I、ACE-I…
👨心筋梗塞をして退院後、初めての外来だよ。
👧💭煙草臭い、BMI>25は余裕、Type2DM。ACS1年以内でASCVD超ハイリスクだわ。
👩AHAの2018年のGLではASCVD超ハイリスクが新設されている。
👩スタチン最大耐用量でもLDL≧70の場合、エゼチミブの併用をクラスIIaで推奨しているよ。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について