食道静脈瘤と非選択的β遮断薬による1次予防のエビデンス



食道静脈瘤と非選択的β遮断薬による1次予防のエビデンス

☑️はじめに

消化器科から非選択的β遮断薬が処方されて不思議に思ったことはないでしょうか。

これは食道静脈瘤の破裂の1次予防を目的とした処方です。

適応外ですが、日本消化器学会の肝硬変診療ガイドラインではエビデンスレベルAで推奨されています。

さくら先輩、初めて見ました。

ゆきさん、エビデンスについて概観してみましょう。

プロローグ

‍👨‍⚕️食道静脈瘤の1次予防にカルベジロール、ナドロール、プロプラノロールを使う理由はなんですか?

‍👩‍🎓β遮断作用が非選択的だからです。

👩‍🎓β1受容体阻害作用による心拍出量の減少とβ2受容体阻害作用、α交感神経作用による腹部内蔵血管の収縮、門脈血流量の減少が、門脈圧低下をもたらすと考えられます。

‍👨‍⚕️成る程、あえて非選択的β遮断薬を用いるのですね。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について