アトモキセチンはCYP2D6で代謝されるが日本人の14%は低代謝活性



アトモキセチンはCYP2D6で代謝されるが日本人の14%は低代謝活性

☑️はじめに

ある時、アトモキセチン(ストラテラ®️)が開始になった患者さんがありました。

Age>18でしたが、18歳未満のスケジュールで漸増と思われました。

体重45kgで、20mgより開始し、その後1日35mgとし、更に1日60mgまで増量(した後、1日60~80mgで維持する)。

増量は2週間の間隔をあけて行い、いずれの投与量においても1日2回に分けて経口投与します。

1日量は80mgを超えないようにします。

順調に増量していましたが、開始後3週を過ぎた頃からぼーっとした印象、5週を過ぎた頃から体重減少・焦燥感等で20mg/日、10mg/日と減量も忍容性が得られず廃薬となりました。

何が問題だったのでしょうか?

キーワードは遺伝子多型です。

わたしたちと一緒に見て行きましょう。

プロローグ

🐗アトモキセチン増量中に食用不振・焦燥感‼️減量するも継続拒否され廃薬。何でだ⁉️

👧CYP2D6で代謝されますが遺伝子多型あります🦋

👧欠損のPMは日本人では1%未満ですが、10*のミュータントホモは14%、これは通常型のEMの活性の1/5しかありません🦋

👧用量設定はEMに合わせてありますから🦋

出典: twitter.com

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA