咳嗽に対して用いる漢方薬はどのように選べばよいですか



咳嗽に対して用いる漢方薬はどのように選べばよいですか

☑️はじめに

咳嗽に対して漢方薬が処方されることがあります。
様々に使い分けられているように見えます。
いったいどのような基準で選ばれているのでしょうか。

病名だけでなく、漢方のパラダイムで使い分け方を解説します。
記事は和漢の成書と以下の論文をもとに執筆しています。

耳鼻咽喉科領域における漢方治療

出典: www.jstage.jst.go.jp

咳に用いる漢方も沢山ありますね。

少陽病期・胸内型で熱証という分類は共通するよ。見て行こう。

プロローグ

👨‍⚕️咳に対する漢方薬について教えて下さい

👩‍🎓🆗咳嗽・遷延性咳嗽は六病位で少陽病期・胸内型の病態に分類されます。半表半裏の熱証です。

👩‍🎓六病位の他、証の虚実や特異的症候を勘案して、最終的に方剤が決定されます。

👩‍🎓激しい咳き込みがある場合、明らかな口渇や自汗のある実証では麻杏甘石湯、それがない虚証では麦門冬湯を用います。

👩‍🎓虚実間証・気鬱で咽頭閉塞感がある場合は柴朴湯、虚証・血虚があり皮膚の萎縮のある場合は滋陰降火湯を用います。

👩‍🎓虚実間証でいらいらや胃症状を伴う場合は竹茹温胆湯を用います。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA