SPREAD-DIMCADで、メトホルミンは冠動脈疾患のある中国人2型糖尿病患者の大血管疾患を抑制した。

SPREAD-DIMCADと言う臨床研究を紹介します。

メトホルミンの研究は従来欧米人の肥満患者を対象にした研究が主体でしたが、冠動脈疾患のある中国人2型糖尿病患者を対象とした二次予防研究が計画され、結果、メトホルミンはSU剤と比較してリスクを有意に低下させることが示されました。

大血管疾患複合エンドポイントに対して、SU剤を対照とした調整ハザード比は、0.54(95%CI 0.30~0.90; p=0.026)でした1)。
本検討ではSU剤のglipizideに比して、メトホルミンで大心血管疾患複合イベントが抑制されましたが、メトホルミン群とglipizide群の間で差が認められたのはBMIとウエストサイズのみであり、他の指標には差がありませんでした。

例えば試験終了時のHbA1c値は、glipizide群とメトホルミン群で同等でした。2つの薬剤の血糖改善作用の機序は全く異なりますので、その差異が主要心血管イベントの発症率の差につながったのではないかと考える臨床家もあり、今後詳細な検討が期待されます。

以下、アブストラクトの機械翻訳です。

「目的:抗糖尿病薬の2つの主要なクラスであるスルホニル尿素およびメトホルミンは、糖尿病患者における大血管合併症および死亡率に差異的に影響し得る。

我々は、冠動脈疾患(CAD)の病歴を有する2型糖尿病患者の主要な心血管イベントに対するグリピジドおよびメトホルミンの長期効果を比較した。

研究デザインと方法:この研究は、多施設、無作為化、二重盲検、プラセボ対照臨床試験である。

平均年齢= 63.3歳(36-80歳の範囲)のCADを有する合計304人の2型糖尿病患者が登録された。参加者は、グリピジド(1日30mg)またはメトホルミン(1日1.5g)のいずれかを3年間無作為に割り付けた。

主要エンドポイントは、心血管系の原因による死亡、任意の原因による死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、または動脈血管再生を含む再発性心血管イベントの複合までの時間であった。

結果:研究薬物投与の終了時に、両群とも糖化ヘモグロビン(グリピジド群で7.1%、メトホルミン群で7.0%)の有意な減少を達成した。

5.0年間の中央値追跡調査では、91名の参加者が103のプライマリエンドポイントを作成した。

Intention-to-treat分析は、グリピジドと比較して、メトホルミンを受けた患者の心血管イベントの複合体に対する0.54(95%CI 0.30-0.90; P = 0.026)の調整ハザード比(HR)を示した。

二次エンドポイントおよび有害事象は、2つのグループ間で有意に異ならなかった。

結論:メトホルミンの3年間の治療は、グリピジドと比較してメジャーなフォローアップ5.0年で主要な心血管イベントを実質的に減少させた。

我々の結果は、リスクの高い患者の心血管のアウトカムに対するメトホルミン療法の潜在的な利点を示している。」

1)Hong J et al. Effects of metformin versus glipizide on cardiovascular outcomes in patients with type 2 diabetes and coronary artery disease. Diabetes Care. 2013 May;36(5):1304-11. PMID: 23230096

以下、pubmedの転載です。
1. Diabetes Care. 2013 May;36(5):1304-11. doi: 10.2337/dc12-0719. Epub 2012 Dec 10.

Effects of metformin versus glipizide on cardiovascular outcomes in patients with type 2 diabetes and coronary artery disease.

Hong J(1), Zhang Y, Lai S, Lv A, Su Q, Dong Y, Zhou Z, Tang W, Zhao J, Cui L, Zou D, Wang D, Li H, Liu C, Wu G, Shen J, Zhu D, Wang W, Shen W, Ning G; SPREAD-DIMCAD Investigators.

Collaborators: Ning G, Hong J, Zhang Y, Wang W, Gui M, Chen Y, Chi Z, Yan Q, Zhai Y, Shen W, Lv A, Zhang R, Yang J, Zhang Y, Fan X, Hang M, Zhang D, Su Q, Dong Y, Xing H, Zhou Z, Li X, Tang W, Zhao J, Guan Q, Zhang X, Cui L, Chen L, Zou D, Li J, Chen Y, Wang D, Shen F, Wu W, Li H, Zhou J, Liu C, Yang T, Shen B, Wu G, Qu S, Sheng C, Cheng X, Shen J, Xue Y, Wang M, Luo X, Zhu D, Shen S, Yao S, Yu X, Jin H, Shi J, Feng B, Ni Y, Yan S, Wang Y, Gong X.

Author information: (1)Shanghai Jiao Tong University School of Medicine, Shanghai, China.

Comment in Ann Intern Med. 2013 Apr 16;158(8):JC4. Diabetes Care. 2014;37(1):e21. Diabetes Care. 2014;37(1):e19-20.

OBJECTIVE: The two major classes of antidiabetic drugs, sulfonylureas and metformin, may differentially affect macrovascular complications and mortality in diabetic patients. We compared the long-term effects of glipizide and metformin on the major cardiovascular events in type 2 diabetic patients who had a history of coronary artery disease (CAD). RESEARCH DESIGN AND METHODS: This study is a multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial. A total of 304 type 2 diabetic patients with CAD, mean age = 63.3 years (range, 36-80 years), were enrolled. Participants were randomly assigned to receive either glipizide (30 mg daily) or metformin (1.5 g daily) for 3 years. The primary end points were times to the composite of recurrent cardiovascular events, including death from a cardiovascular cause, death from any cause, nonfatal myocardial infarction, nonfatal stroke, or arterial revascularization. RESULTS: At the end of study drug administration, both groups achieved a significant decrease in the level of glycated hemoglobin (7.1% in the glipizide group and 7.0% in the metformin group). At a median follow-up of 5.0 years, 91 participants had developed 103 primary end points. Intention-to-treat analysis showed an adjusted hazard ratio (HR) of 0.54 (95% CI 0.30-0.90; P = 0.026) for the composites of cardiovascular events among the patients that received metformin, compared with glipizide. The secondary end points and adverse events were not significantly different between the two groups. CONCLUSIONS: Treatment with metformin for 3 years substantially reduced major cardiovascular events in a median follow-up of 5.0 years compared with glipizide. Our results indicated a potential benefit of metformin therapy on cardiovascular outcomes in high-risk patients.

PMCID: PMC3631843 PMID: 23230096 [PubMed – indexed for MEDLINE]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です