α-グルコシダーゼ阻害薬は肝硬変患者の長期転帰を改善しますか



α-グルコシダーゼ阻害薬は肝硬変患者の長期転帰を改善しますか

☑️はじめに

肝硬変は、肝疾患の中で重要な位置を占めています。

繰り返される肝組織の損傷、炎症、線維化により特徴づけられます。

世界的に広まり、多くの人々が影響を受け、死亡者も多い疾患です。

ところで、肝硬変は血糖値の恒常性維持にも影響を及ぼす為、糖尿病や耐糖能異常を併発することが一般的です。

α-グルコシダーゼ阻害薬は抗糖尿病薬のひとつですが、食後の高血糖をコントロールするのに役立ち、肝硬変患者に適している可能性があります。

また、肝臓に負担をかけず、安全性が示されている薬剤です。

しかし、肝硬変の転帰に関する長期的な研究はこれまでありませんでした。

そこで、糖尿病を有する肝硬変患者への、α-グルコシダーゼ阻害薬の影響を評価するため、大規模なコホート研究が台湾で実施されました。

α‐グルコシダーゼ阻害薬…もはや役割を終えた薬と思っていました。こんなポテンシャルがあるなんて。

実感だけど、知るほどに分からないことが増えて行くね。知識をアップデートして行くことが大事だよ。


奥村友紀さんによるα-グルコシダーゼ阻害薬と肝硬変

プロローグ

👦小雪姐、日本のガイドラインではどうなっているの?
👧ええと、日本消化器病学会の肝硬変診療ガイドライン2015では…

💻「…現時点で肝硬変の食後高血糖対策として推奨されている薬物は、インスリンとα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)であり、夜間、早朝の低血糖対策には就寝時の軽食摂取が有効と考えられる。」

👦2020年版ではα-グルコシダーゼ阻害薬への言及はないみたいだけど。
👧うん、でもこの論文が出たのはガイドラインが策定されたより後の2022年だから。
👦あ。

出典: www.jmedj.co.jp

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。AI音声さくらがx1.2で読み上げます。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について