セント・ジョーンズ・ワートは医薬品との相互作用に注意が必要ですか



セント・ジョーンズ・ワートは医薬品との相互作用に注意が必要ですか

☑️はじめに

セント・ジョーンズ・ワートは比較的ポピュラーなハーブです。

薬情で「本剤の服薬中は飲用を避けること」と書かれる場合があり、相互作用の懸念されるサプリメントと覚えている方も多いと思います。

いったい、どの程度の強度の相互作用があるのでしょうか。特別に注意が必要な薬剤はあるのでしょうか。

記事は栄養研究所のデータベースの他、臨床薬物動態学の成書、及びセント・ジョーンズ・ワートに関する2002年の総説を基に記述します。

St John’s wort (Hypericum perforatum): drug interactions and clinical outcomes
Br J Clin Pharmacol. 2002 Oct; 54(4): 349–356.

出典: www.ncbi.nlm.nih.gov

さくら先輩、厚労省から注意喚起された薬剤名は限られていますけど。

CYP3A4に関してはフェニトイン並みに併用薬のAUCを低下させる可能性があるよ。CYP3A4の寄与率が高く治療域が狭い薬等は注意が必要。

プロローグ

Rp.🆕シクロスポリン
👩セントジョーンズワートのハーブティーを毎日飲んでます。

👩‍🎓SJWに含まれるhyperforinは酵素誘導と酵素阻害作用を有します。

👩‍🎓単回投与では併用薬のAUC増加、反復投与ではAUC低下を起こす事が予想されます。

👩‍⚕️💭なるほど
👩‍⚕️シクロスポリンの効果を弱める場合があるので、セントジョーンズワートは控えてくださいね。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA