風邪を引いた場合、漢方のパラダイムではどのように考えますか



風邪を引いた場合、漢方のパラダイムではどのように考えますか

☑️はじめに

漢方のパラダイムは西洋医学と別と言われます。

しかしながら大学カリキュラムでの比重は小さく、漢方エキス製剤は手軽であることもあり、西洋医学の病名で処方される機会が多いのが実情です。

いったい、漢方の考え方とはどんなものでしょう。

どのように病態を把握し、治療方法を決定しているのでしょうか。

風邪を引いた場合を例にとって、漢方の考え方を解説しよう。

プロローグ

Rp.麻黄湯
🧔風邪で節々が痛くて咳も。汗は出ません。胃腸は丈夫な方です。

‍👨‍⚕️💭麻黄と桂皮に発汗作用、麻黄と杏仁に鎮咳作用があるな。

‍👨‍⚕️体を温め、水分をとる意味で、暖かいうどんもお勧めですよ。

‍👨‍⚕️汗をかいたら肌着を変えて体を冷やさないようにして下さい。

‍👩‍🎓後漢後期に急性熱性疾患について書かれた、代表的な漢方古典『傷寒論』が出典です。

‍👩‍🎓麻黄を含む漢方処方は麻黄剤と呼ばれ、他に葛根湯、麻黄附子細辛湯などがあります。

‍👩‍🎓関節痛がなく、肩こりや首筋のこわばりがあれば葛根湯を。‍すでに汗があれば桂枝湯を用います。

‍👩‍🎓また体が虚弱で冷えがあれば麻黄附子細辛湯を用います。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について