ピロリ菌除菌の成功率が高く値段の安いレジメンは?



ピロリ菌除菌の成功率が高く値段の安いレジメンは?

☑️はじめに

ピロリ菌除菌のレジメン間で成功率に差はあるのでしょうか?

わたしたちと一緒に見て行きましょう。はじまり、はじまり。

プロローグ

👳安価で効果の高いピロリ除菌薬はどれだ?俺は派手にボノサップを使いたいが値段を気にされるのでな✨

👩ガイドラインではPPIの違いで治療効果に差はないとしているけど、CAMに対するピロリ菌の感受性を調べずに1次療法するなら、強いて言えばラベプラゾールを含むレジメンかな🍡

👩PPIは2C19で-OH体や脱メチル体に代謝され不活化されるわ🍡

👩2C19には遺伝子多型があって、オメプラゾール血中濃度、胃内pH、CAM抵抗性ピロリ菌の除菌率が相関したとする報告があるよ🍡

👩PPIの血中濃度推移をホモEM・ヘテロEM・PM間で比較すると、ラベプラゾールが最も差が少なく、ついでランソプラゾール、オメプラゾールだったわ🍡

出典: twitter.com

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA