痛風管理に関する薬剤師の知識は教育介入によって向上しますか



痛風管理に関する薬剤師の知識は教育介入によって向上しますか

☑️はじめに

皆さんが仕事でよく参照する医薬品情報は何でしょうか。

簡便に確認できる添付文書や医薬品集を使用する場合が多く、ボリュームのあるガイドラインを読まれる場合は少ないのではないかと思います。

添付文書はアップデートされるのにタイムラグがある場合が多く、最適な治療方針を学んで患者教育をするには、ガイドラインの知識は不可欠です。

今回、アイルランドで薬剤師にオーディオフォーマットによる14分間の教育介入をすることで、痛風知識をアップデートさせ、さらにガイドラインを参照する行動変容を促した論文を紹介します。

e-learningによる薬剤師の知識のアップデート、PHARMYUKI™の理念に関わる論文ですね!

そうだね。痛風管理の知識を向上させ、GLを参照する行動変容を促したよ。わたしたちも頑張ろう。

プロローグ

Rp.アロプリノール
 コルヒチン

👨薬剤師の友達が、コルヒチンは発作の時だけじゃない?て言うんだけど。
👧💭この前e-learningで習ったなんだっけ。
👧実はコルヒチンカバーと言って…
👨なるほど、そうなんだ!じゃあ飲んでみるよ。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について