バラシクロビル服用中の脱水やNSAIDs等の併用は急性腎障害のリスクになりますか



バラシクロビル服用中の脱水やNSAIDs等の併用は急性腎障害のリスクになりますか

☑️はじめに

バラシクロビルの活性体、アシクロビルは溶解度が低い薬剤です。

腎排泄される際に高濃度に濃縮されるため、投与量が多かったり、腎血流が少ないと析出し、急性腎障害を起こす場合があります。

夏場の不十分な飲水による脱水症状、腎血流量を減少させるNSAIDs、RAS阻害薬は、理論的に急性腎障害のリスクと考えられますが、実際はどうなのでしょう。

バラシクロビル療法を行う場合に急性腎障害を引き起こすリスク因子について、国内データベースで検証した論文がありましたので、紹介します。

記事は、以下の論文をもとに執筆しています。

Risk Evaluation for Acute Kidney Injury Induced by the Concomitant Use of Valacyclovir, Analgesics, and Renin-Angiotensin System Inhibitors: The Detection of Signals of Drug-Drug Interactions

Front Pharmacol. 2019 Aug 8;10:874.
PMID: 31440161 PMCID: PMC6694181
CC BY(4.0)

出典: www.frontiersin.org

薬理学的に予想されるリスクですけれど…

実際のところはどうなのかな。理論的に導かれる仮説を臨床研究で検証しよう!

プロローグ

Rp.バラシクロビル
アセトアミノフェン
👵帯状疱疹です。今日は暑いわね。お薬手帳?
📖エナラプリル(内科)
📖ロキソプロフェン(整形)
👨💭AKIリスクになりそうだ…
👩副作用DBからリスク因子として抽出されています。
👨十分な飲水を心がけて、痛み止めはアセトアミノフェンの方を使って下さい

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴出来るラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について