鼻副鼻腔炎に用いる3つの漢方、どのように使い分けたらよいですか



鼻副鼻腔炎に用いる3つの漢方、どのように使い分けたらよいですか

☑️はじめに

副鼻腔炎に漢方が用いられる場合があります。

葛根湯加川芎辛夷、辛夷清肺湯、荊芥連翹湯が代表的です。

これらの漢方薬は、どのように使い分けられているのでしょう。

虚実など、伝統的な漢方のパラダイムに従った考え方ではどのように説明されるのでしょうか。

記事は和漢の書籍の他、論文を参考に執筆しています。

プロローグ

👨鼻が詰まったり透明な鼻水が出たり。汗は出ません。
首がこる感じはありますね。

若年で体力あり。自然発汗なし。項背部のこり。
鼻汁は膿性でない。後鼻漏もない。体の熱感もなし。
顔色は浅黒くない。腹直筋の緊張もなし。

‍👩副鼻腔炎ですね。漢方を希望とのことで、これを飲んでください。
①葛根湯加川芎辛夷
②辛夷清肺湯
③荊芥連翹湯

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA