陰脈が弱い桂枝湯証は自汗がなくとも用いられる



陰脈が弱い桂枝湯証は自汗がなくとも用いられる

☑️はじめに

桂枝湯の指標として自汗がある、すなわち自然に汗が出ていることがよく取り上げられます。

ですが、自然に汗が出ていない場合も桂枝湯が用いられる場合があります。

これは、どう考えればいいのでしょう。

悪寒がして自汗のない麻黄湯証とは、どのように鑑別すればいいのでしょうか。

記事では発汗の意味について考えていきます。

汗が出ても汗が出なくても桂枝湯を用いる、桂枝湯証とは何かについて、概観しましょう。

プロローグ

Rp.桂枝湯✨

👨風邪で頭痛・悪寒・発熱があります。胃腸は弱い方です。汗は出ていません。

👩💭普通の風邪で裏が弱いのね。自汗がなくても桂枝湯の証だわ…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について