ラモトリギンはバルプロ酸と併用する時投与補正係数が応用できる



ラモトリギンはバルプロ酸と併用する時投与補正係数が応用できる

☑️はじめに

ラモトリギンはグルクロン酸抱合された後、腎排泄されます。

バルプロ酸によりUGTが阻害されるため、併用時には投与量を半分にします。

「ラモトリギンに関する連名ステートメント」と言う記事を見つけました。

ラモトリギンの投与方法は複雑である。通常の場合でも 25mg より開始し、2 週間以上開けて 所定の方法で漸増していく。本剤はチトクローム P450 による代謝でなくグルクロン酸抱合されるのが特徴である。このためバルプロ酸のようなグルクロン酸抱合を受ける薬剤との併用は、本 剤の薬剤血中濃度-時間曲線下面積(AUC)が 125mg で約 1.48、500mg で約 2.19 倍上昇する 9)ことにより、皮膚障害をさらに認めやすいことが知られており、25mg の隔日処方あるいは 12.5mg からの処方開始が必要とされている。こうした用量・処方間隔に関して今一度遵守するこ とを臨床医に求める。

出典: www.secretariat.ne.jp

さくら先輩、添付文書では25mg隔日ですが、確かに12.5mg毎日の処方も見たことがあります。

腎排泄型の薬剤の投与補正係数みたいな考え方だよね。妥当性があるのか、一緒に考えてみよう。

プロローグ

👩ラモトリギンはバルプロ酸併用時に投与補正係数のような考え方ができる
👧何故ですか?

👩クリアランスは肝固有クリアランスのみ変動要因で、分布容積も変動しない

👩初回通過効果も変化は殆どないよ

👧メモメモ
👩一緒に詳しく見て行こう。まず…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA