薬物の消失半減期は成人に比べて小児の方が短くなる



薬物の消失半減期は成人に比べて小児の方が短くなる

☑️はじめに

レボセチリジンの用法用量は不思議です。
成人は1日1回、小児は1日2回。
1~7歳は、1回量が成人の約25%です。
7~15歳は、1回量が成人の約50%です。

この理由は、レボセチリジンの半減期が成人に比べて短くなっているからです。

詳しく説明しましょう。

さくら先輩、不思議な用法用量です。

ゆきさん、いいね。疑問を掘り下げると思わぬ収穫があるよ。いっしょに見て行こう!

プロローグ

👧先輩…

👩?

👧ザイザルは成人は1日1回なのに、どうして小児は1日2回なんでしょう?

👩小児の方が半減期が短くなるからだよ。蓄積率をコントロールするために投与間を調整していると思われるよ

👩わたしの試算では、それぞれの用法用量で成人の蓄積率R≒1.1、小児も1.1程度になったよ

👧メモメモ

👩まず、小児の半減期を推定する方法だけど…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA