Giusti-Hayton法で延長した半減期をもとに用法用量を調節する



Giusti-Hayton法で延長した半減期をもとに用法用量を調節する

☑️はじめに

レボフロキサシンは腎排泄型の薬です。腎機能が低下している場合、減量が必要になります。

添付文書に従えばよいですが、もし適宜増減などの表現で、具体的な指示がない薬剤の場合、どうしたら良いでしょう。

さくら先輩、どうしたらよいですか?

ゆきさん、いい質問ね。Giusti-Hayton法を紹介しよう。

プロローグ

👨‍⚕️腎排泄型の薬の減量はどうしたら良いですか?

👩‍⚕️半減期が分かれば🆗だよ

補正係数=半減期/延長した半減期

👩‍⚕️投与量に補正係数を掛ける、または投与間隔を補正係数で割る事で、減量できるよ

👩‍⚕️Giusti-Hayton法と呼ばれる方法だよ

👨‍⚕️簡単で便利です‼️

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA