エチゾラムの代謝経路は2C19PMにおいて3A4以外にもありますか



エチゾラムの代謝経路は2C19PMにおいて3A4以外にもありますか

☑️はじめに

エチゾラムはCYP3A4とCYP2C19で代謝されます。

CYP2C19には遺伝子多形があり、活性のないPMにおいてエチゾラムの半減期が延長したり、作用が増強したとする報告があります。

CYP遺伝子多形が抗不安薬と睡眠薬の薬物動態に与える影響

出典: www.jstage.jst.go.jp

2C19PMにおいては代償的にCYP3A4の活性が亢進していると予想されます。ケトコナゾールのような強いCYP3A4阻害薬を併用した場合、エチゾラムのAUCはかなりの強度で上昇するのでしょうか。

CYP2C19PMにケトコナゾールを実際に併用した報告があります。結果を見ると、エチゾラムAUC上昇率は僅か2.34倍でした。EMでは1.6倍でした。

確かに、ある程度のCYP3A4活性の亢進が考えらます。ですがAUC上昇率から、PMにおいてもCYP3A4の代謝寄与率は予想した程に高度ではないことが分かります。

この事象から、CYP2C19PMにおいて、エチゾラム代謝にはCYP3A4、2C19以外の経路の関与が予想されました。

プロローグ

👨‍⚕️エチゾラムの効果に遺伝子多型があるって本当ですか
👩‍🎓CYP2C19が関与するので、本当です。

エチゾラム単独投与時のAUCはPMではEMより2.65倍高い結果でした。また、強力なCYP3A4併用時のAUCは、PMでは2.34倍になります。EMで単独投与時とPMで阻害剤併用時のAUCは実に6倍になる計算です。

👨‍⚕️エチゾラムで6倍は侮れないですね。
👩‍🎓おそらくCYP3A4、2C19以外の代謝経路が関与して6倍で済んでいますが、エチゾラムにしては侮れない上昇です。最良の薬物治療が実施できるよう、丁寧に知識を深める必要があります。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について