シプロフロキサシン服用中はカフェインを控えた方がよいですか



シプロフロキサシン服用中はカフェインを控えた方がよいですか

☑️はじめに

コーヒー等に含まれるカフェインはCYP1A2で代謝されます。

幾つかの薬物はこの代謝酵素を阻害することが知られています。

ニューキノロン系の抗菌薬はそのひとつです。

シプロキサン®は現在日本で使用できるニューキノロンのうちで最もCYP1A2阻害作用が強い薬です。

同じくCYP1A2で代謝されるテオフィリンと併用する場合、テオフィリンを1/3に減量するよう添付文書にも記載があります。

それではカフェインの場合はどうなのでしょうか

シプロキサン®服用中はコーヒーの飲用を控えた方がいいのでしょうか。

プロローグ

🧔最近頭痛と吐き気が。コーヒー?日に3回飲むけど前からだよ。
📖シプロキサン✨

👩‍⚕️💭カフェインと相互作用が

CYP1A2阻害します。カフェインの半減期が延長、AUCも増大。日に3回のコーヒーは、日に5回に相当するカフェイン暴露に。

👩‍⚕️薬がコーヒーの作用を強めてるかも。飲む回数減らしてみてね☕

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA