若年女性の急性単純性膀胱炎、キノロン以外どんな選択枝がありますか



若年女性の急性単純性膀胱炎、キノロン以外どんな選択枝がありますか

☑️はじめに

薬剤師国家試験で取り上げられる急性膀胱炎の薬剤は、シプロフロキサシンが多い印象があります。

エビデンスが豊富かつキノロンの中では狭域で、尿路感染症に繁用されてきました。一方、CYP1A2阻害作用を有し、テオフィリンなどと相互作用を有するため、代替薬が必要になるケースがあります。

レボフロキサシンでも良いのですが、大腸菌にキノロン耐性が増えていることから、キノロン以外の抗菌薬を考えてよいかも知れません。AMR対策として薬剤師も役割を期待されています。

記事では疑義照会やトレーシングレポートを書く際に役立つ情報を掲載したいと思います。

若い女性の単純性膀胱炎の治療ですけれど、年配の医師はレボフロキサシンやシプロフロキサシン、若い医師はセファレキシンやオーグメンチン、バクタを使われる印象があります。

JAID/JSC2011のガイドラインではキノロンを第一選択としていたけれど、近年はAMR対策としてキノロンを抑制する方向で進んでいるよ。一緒に見ていこう!

プロローグ

若い女性が尿意切迫感、頻尿を訴えて受診しました。

発熱なし。尿検査で白血球反応あり。

尿道炎を否定するためGram染色すると、GPC Clusterが見えました。

あなたが処方するのは…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴出来るラジオでどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA