傷寒(インフルエンザ)の 六病位(ステージ)と用いる方剤



傷寒(インフルエンザ)の 六病位(ステージ)と用いる方剤

☑️はじめに

インフルエンザには麻黄湯、と言うイメージが形成されています。

タミフルと同じように5日間で処方されるのを目にする機会も多いです。

基礎研究やRCTが盛んに行われ、これに精通している医療者も多いと考えます。

ですが随証治療の知識は如何でしょうか。これを知らずに運用していいのでしょうか。

傷寒論では急性熱性疾病の進行を6つのステージに分けて、病態や治療方法を解説しています。

本記事では、六病位と方剤について解説したいと思います。

プロローグ

【傷寒(インフルエンザ)に用いる方剤】
👩‍🎓六病位(ステージ)で使用する方剤です。

✅太陽病期…悪寒・汗が出ない 麻黄湯
     …汗が出る     桂枝湯 

✅少陽病期…寒熱往来   柴胡湯類

✅陽明病期…高熱     白虎湯類

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について