サンリズムはジルテックと併用すると副作用が出やすくなる。


サンリズムはジルテックと併用すると副作用が出やすくなる。



はじめに

循環器内科から心房細動の薬、サンリズムを飲んでいる患者さんに、耳鼻咽喉科から花粉症の薬、ジルテックが処方されました。

ジルテックの添付文書には、サンリズムは併用注意とされています。飲み合わせは大丈夫でしょうか?

この記事では、ジルテックとサンリズムの併用で起こった有害事象の症例報告を紹介します。

疑義照会の必要性について判断する一助となると思われます。

アレルギーの薬セチリジンと、不整脈の薬ピルシカイニドの飲み合わせは大丈夫?

添付文書には明記されていない引用文献を見つけた

アレルギーの薬であるセチリジン(商品名ジルテック)の添付文書には、併用注意として、不整脈の薬ピルシカイニド(商品名サンリズム)が記載されています。

添付文書には引用文献が記してなかったので、PUBMED と言う医療データベースで検索したところ、該当すると思われる文献を見つけました1)。

そこに書かれていたことを再構成して話してみようと思います。

ピルシカイニド(商品名サンリズム)を服用中にセチリジン(商品名ジルテック)を飲んだところ、失神して病院に運ばれた

72歳のAさん(仮)は、腎機能が低下している方で、ピルシカイニドを1日150mg服用していました。心房細動の治療薬です。ある時、花粉症の薬、セチリジンを1日量20mgで処方されました。セチリジンを服用開始して3日目、Aさんは失神して病院に運ばれました。

原因はピルシカイニドの血中濃度が高くなっていた事

徐脈、幅広いQRS波と、ピルシカイニドの過量投与を疑わせる症状があり、ピルシカイニド中止により回復しました。血液検査で、ピルシカイニドとセチリジン双方の血中濃度が上昇していたことが分かりました。

ピルシカイニドとセチリジンを一緒に飲むことで、どちらの薬も体に残りやすくなる

その後、健康なボランティアにピルシカイニドとセチリジンを単回投与した試験が行われ、ピルシカイニドとセチリジンのクリアランスが、各々半分程度まで低下することが分かりました。

クリアランスとは、一定の時間に薬がどれくらい体から排泄されるかの指標です。クリアランスが大きい程、薬は早く体内からなくなります。逆に、小さいほど体から出て行くのに時間がかかり、体内に残りやすくなります。

ピルシカイニドとセチリジンの飲み合わせで何が起こった?

ピルシカイニドもセチリジンも腎臓から尿に排泄される薬であり、排泄経路が競合するために起こる相互作用ではないかと考えられます。

基礎研究の知見から、腎尿細管にある薬物トランスポーター、MRP1やOCT2が、この相互作用に関与しているのではないかと考えられています。

まとめ

サンリズムとジルテックは腎臓での排泄が競合する可能性があり、サンリズムの副作用が出やすくなる事が分かりました。

ジルテックの他、ジルテックを光学分割した製剤であるザイザルも同様の相互作用を惹き起こす可能性があります。

心房細動は加齢とともに発症する病気であり、サンリズムを飲んでいる患者は腎機能も低下している場合が多いので、クリアランス低下の影響は若年者より相対的に大きくなると考えられます。

サンリズム服用者にジルテックが処方になった場合は、他剤に変更が出来ないか疑義照会し、変更にならなかった場合は患者に徐脈等の起きる可能性を予め説明する必要があると思われます。

最終更新日:2019年11月5日

コラム

職場の悩みはありませんか?わたしも最初の職場がどうしても合わず、1年足らずで退職しました。今の職場は上司や同僚に恵まれ、毎日楽しく働いています。

あなたが現状に悩んでいるのであれば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

転職を考える場合、現在の環境から離れることを一番に考えてしまいがちですが、転職先には現在の職場にない問題があります。

わたしはラッキーでしたが、転職後の方が辛い思いをしてしまった、と言う話も耳にします。

自分に適した職場を見つけるためには、頼れるスタッフに協力してもらうことが重要です。

回り道のように見えますが、転職を成功させるための最短の近道と思います。

あなたも1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
完全無料!1分間で簡単登録
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア

参考文献

1)Severe arrhythmia as a result of the interaction of cetirizine and pilsicainide in a patient with renal insufficiency: First case presentation showing competition for excretion via renal multidrug resistance protein 1 and organic cation transporter 2.
PMID 16580907

推薦図書

「薬と相互作用のしくみ」

薬と相互作用のしくみが網羅的に解説されている大作です。書いてない相互作用は無いのでは…と思われるくらいです。辞書として何か調べたい時に、まずあたりたい本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬の相互作用としくみ新版 [ 杉山正康 ]
価格:13750円(税込、送料無料) (2019/11/5時点)

「その場の1分その日の5分」

クリニカルクエスチョンについて、どのように自分で情報を調べて吟味し、実践して行くかを記した書籍。

薬局薬剤師にも勉強する姿勢が参考になります。

「アンサングシンデレラ」

薬剤師のわたしたちの気持ちを代弁してくれるコミック。家族やお友だち、薬学生や、将来薬剤師を志す中高生にもお勧めです。

関連記事

パキシル(一般名パロキセチン)を飲んでいる人が、眼科を含めて他の病院を受診するときにしなければいけない、たったひとつのこと。

かかりつけ医院に黙ってほかの病院を受診し、同効薬のオメプラゾールとタケキャブが重複して処方されていた話。

皮膚科と耳鼻咽喉科を掛け持ち受診して、持ち込まれた2枚の処方箋で抗生物質が重複した話。

耐性菌の話。どこか遠い国の話ではなく、日本の日常診療でも耐性菌は溢れています。

ピロリ菌除菌の薬を飲む人が、他に飲んでいる薬を頓服も含めて全て病院と薬局で伝えたほうがよい、たったひとつの理由。

サンリズムはジルテックと併用すると副作用が出やすくなる。

コレステロールの薬を飲んでいるけれど、名前は正確に覚えていない人が、風邪で病院を受診する時にお薬手帳を持参した方がよい、たったひとつの理由。

シンバスタチンとフルコナゾールは安全に併用出来ますか?

シンバスタチン服用中にイトラコナゾールのパルス療法を受けて横紋筋融解症を来たした例。

スポンサーリンク


参考になった、と思って下さったあなた、バナークリック⬇️をお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

SNSボタン⬇️でシェアをお願いします😉✨



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です