PISCSを応用して、クラリスロマイシン併用時のグアンファシンAUC上昇率を推定する。

はじめに。インチュニブとクラリスロマイシンの併用は出来る?

グアンファシン(商品名インチュニブ)は、CYP3A4で代謝されることが添付文書に書かれています。

グアンファシンを服用するのは学童期のお子さんなので、クラリスロマイシンの処方機会も多いと思います。

CYP3A4阻害作用を有するクラリスロマイシンを併用することで、グアンファシンのAUCはどの程度上昇するでしょうか。

インタビューフォームにも併用に関する詳しい情報がないため、既知の知見を統合することで、AUCの上昇度合いの推定を試みます。

PISCSを応用して併用時のAUC上昇率を推定する

PISCSのデータからクラリスロマイシンのCYP3A4に対する阻害率(IR)は0.88、一方ケトコナゾールのIRは>0.9と考えられます。

類薬のイトラコナゾールのIRは0.95であるので、これを流用してみます。

基質のAUC上昇率=1/(1-CR・IR)

グアンファシンのCYP3A4寄与率(CR)は、ケトコナゾールでAUC3倍とのデータから、0.70程度と推定されます。

この場合、クラリスロマイシンのAUC上昇率は2.6倍と推定されます。

クラリスロマイシンの用量を補正出来ないか考察する

ただし、データの基となっているクラリスロマイシンの海外用量は、成人で1000mg/dayと日本の2.5倍です。

それを考慮すると今回の症例ではAUC上昇率はそこまで高くなかったかも知れません。

クラリスロマイシン(CAM)のCYP3A4阻害作用はMBIかつ用量依存的である事が示唆されています。

CAM400mg/day、800mg/day 1週間の投与により、内因性コルチゾールのクリアランスは各々30%、60%低下したと言う報告があります。

CLtot=Dose/AUCと言う関係式から、AUCは各々1.43倍、2.5倍に上昇したと推定されます。

結局の所、併用によるAUC上昇率はどの程度と予想されるか

これらを勘案すると、今回のクラリスロマイシン併用によるグアンファシンのAUC上昇は1.5倍程度だったのではないかと推定されます。

まとめ

ここまで見てきたように、グアンファシンとクラリスロマイシンと言う、併用に関する臨床データの無い薬剤を取り扱い、PISCSを応用することでAUC上昇率を推定しました。

グアンファシンは、クラリスロマイシンと併用した場合、AUC上昇率1.5倍と推定されます。

書籍紹介

PISCSの運用に使える実用書です。薬局に一冊備えておきたい本。

薬物相互作用の基礎知識、ピットフォール、定量的にマネジメントする手法が解説されています。

PISCSの理論的背景にも紙幅をさいて書かれています。

薬物相互作用を勉強したい方にお勧めです。特にPISCSを更に深く知りたい方は、類書には無い内容ですので、ぜひ本書を手に取って下さい。

関連記事

PISCSの運用の基礎知識について書いた記事です。ぜひご一読下さい。

薬剤師必読。臨床報告のない相互作用をPISCS理論で定量的に評価。手計算も出来る簡単な式で、必要なパラメーターはAUCの他は2つだけ。

参考文献

1)これからの薬物相互作用マネジメント 臨床を変えるPISCSの基本と実践 監:鈴木洋史 編:大野能之 樋坂章博 じほう 2014年2月

2)医療現場のための薬物相互作用リテラシー 編:大野能之 南山堂 2019年

3)”Dose-dependent inhibition of CYP3A activity by clarithromycin during Helicobactre pylori eradication therapy assessed by changes in plasma lansoprazole levels and partial cortisol clearance to 6β-hydroxycortisol”Clin Pharmacol Ther. 72. 33-43 (2002)


参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

SNSボタンでシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です