同じ病気でも、治療に使うお勧めの薬が、年齢によって異なる場合がある、と言う話




こんばんは🌙😃❗アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です🙆✨

令和が始まりましたね💆気が引き締まる思いがします。どうかよい時代になりますように🙏

さて、今夜は同じ病気の治療でも、年齢によって治療薬が異なる場合がある、と言うお話です。

記事の続きは会員ログイン後にどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

オグサワ処方がオーグメンチンとサワシリンを併用する理由



オグサワ処方がオーグメンチンとサワシリンを併用する理由

呼吸器内科から、次のような処方箋が来ました。

オーグメンチンSR配合錠250 3錠
サワシリンカプセル250mg 3カプセル
分3

出典: twitter.com

2種類の抗生物質、オーグメンチンとサワシリンが同時に処方されています。

これは、オグサワ処方と呼ばれ、「JAID/JSC感染症治療ガイド2019」にも市中肺炎のエンピリックセラピー、すなわち起因菌や感受性が不明な段階で使用する治療薬として記載されています1)。

Ⅱ.肺炎(成人)
A)市中肺炎
1.Empiric therapy
a.細菌性肺炎

(1)外来治療
細菌性肺炎では,Streptococcus pneumoniae,Haemophilus influenzae,Moraxella catarrhalis が主な原因微生物となる(II).これらは,基本的には高用量のペニシリン系薬の内服を中心として治療すべきである(AII).

外来治療であれば,β―ラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン系薬を用いるのが一般的で,CVA/AMPCもしくはSBTPCを1回2錠,1日3~4回の内服治療が,有効性からも耐性菌抑制の観点からも推奨される(AII).

但し,現時点では,このような高用量処方が保険適応外のため,下記[例]のような処方も検討する.

―推奨される治療薬―
第一選択 ● CVA/AMPC経口(125mg/250mg)1回2錠・1日3~4回(添付文書最大4錠/日 )† ● SBTPC 経口(375mg)1回2錠・1日3~4回(添付文書最大3 錠/日 )†

※‌CVA/AMPCおよびSBTPCについては,添付文書通りの投与法ではAMPCとしては最大1,000mg,ABPC としては最大750mgまでしか投与できないので,さらにAMPC経口薬の併用†も考慮する.

[例]CVA/AMPC経口(125mg/250mg)1回1錠・1日3回†+AMPC経口(250mg)1回1錠・1日3回†

†印は日本における保険適応外(感染症名,投与量,菌種を含む)を示す.

出典: www.kansensho.or.jp

保険適応外で、敢えて2種類の抗生物質を使用していることが分かりました。ですが、耐性菌の件は、このガイドラインを読むだけでは十分には理解できず、補足が必要です。

わたしたちと、オグサワ処方について、学びませんか?

市中肺炎の治療方針と、オグサワ処方の意義が分かるようになります。

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後にどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

皮膚科と耳鼻咽喉科を掛け持ち受診して、持ち込まれた2枚の処方箋で抗生物質が重複した話。

こんばんは。アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。今日はひな祭りでしたね。わたしの家は、家族で手巻き寿司パーティーをしました✨ケーキまで食べてお腹いっぱいです☺ さて、今日は、とびひと急性中耳炎で、皮膚科と耳鼻咽喉科を掛け持ち受診されたAくん(仮)の話です。 処方箋を2枚受け取ったわたしは、「ううーん」と唸ってしまいました。皮膚科からはセフジニル(商品名セフゾン)、耳鼻咽喉科からはアモキシシリン・クラブラン酸製剤(商品名クラバモックス)が処方されていたのです。 運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。 クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由 記事の続きは会員ログイン後にどうぞ。
Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意下さい。 “皮膚科と耳鼻咽喉科を掛け持ち受診して、持ち込まれた2枚の処方箋で抗生物質が重複した話。” の続きを読む