ワーファリンとロルノキシカムは安全に併用出来ますか?



ワーファリンとロルノキシカムは安全に併用出来ますか?

☑️はじめに

先日、気になる記事を見つけました。

ワルファリンは服用後、上部消化管で完全に吸収され、血液中でアルブミンと結合しなかった1~10%の遊離型が作用しますが、NSAIDSはアルブミンと結合してしまうため、併用すると結果的に遊離型のワルファリンが増加してしまうのです。

「ここからはじめる抗凝固療法」連載第2回 溝渕正寛 調剤と情報 2020年9月

出典:

この連載は素晴らしく、一言一句噛み締めるように読んでいたのですが、マーカーを引いた部分は明らかに間違いです。

ワーファリン®️添付文書を見ると、NSAIDsは「相手薬剤が本剤の血漿蛋白からの遊離を促進する。」と確かに記述されています。

しかしながら最新の知見では、併用によってワーファリン®️の総濃度は低下する一方、遊離型濃度は変化しません。従って薬効の強度も変わりません。

非薬剤師には知識のアップデートが為されていないのだと思います。

薬剤師なら薬物動態と相互作用を極めたいです。

わたしたちと一緒に見て行きましょう。

プロローグ

👵人工関節にして痛みから解放されたよ

👨‍⚕️ロルカム®️休止です。他科受診は…
📖循環器ワーファリン84日分✨

👩‍⚕️うん、循環器科に臨時の受診を勧めて

👩‍⚕️2C9の競合が無くなってワーファリン血中濃度が低下するよ

👨‍⚕️タンパク結合の置換でなくて?

👩‍⚕️違う。置換で総濃度は下がるが薬効を担う遊離型濃度は変わらないよ

出典: twitter.com

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA