アデノウイルスで下痢すると、熱はあまり出ないが腸重積と関連するかも



アデノウイルスで下痢すると、熱はあまり出ないが腸重積と関連するかも

☑️はじめに

アデノウイルスと言うと、プール熱に代表されるように、咽頭炎で40℃近い熱が上がったり下がったり。それが3日から7日続くやっかいな病気と言うイメージがあります。

ところがアデノウイルスは血清型によって嘔吐下痢を主症状とする場合もあり、この時は熱がないか、あっても37℃程度です。

この疾患は腸管アデノウイルス胃腸炎と呼ばれます。

腸管アデノウイルス胃腸炎とはどんな疾患なのでしょうか。どんな経過を取り、何に注意すれば良いのでしょう?

わたしたちと一緒に見て行きましょうね。はじまり、はじまり。

プロローグ

👩‍⚕️小児科の胃腸炎が増えましたね。

👨‍⚕️自然治癒するけど気を弛めてはいけないよ。腸重積症はウイルス性胃腸炎が先行する場合がある。3歳未満では特に注意が必要だ

👨‍⚕️整復が遅れれば腸管壊死やショックに至る恐るべき疾患だ

👨‍⚕️間欠的腹痛、嘔吐、粘血便が3兆候だよ

👩‍⚕️カウンターで伝えるべきでしょうか

👨‍⚕️初期対応が重要なので、適切な助言が出来るのが望ましいと思う

出典: twitter.com

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA