べプリジルの洞調律維持効果は他のI群より劣り、突然死のリスクが高い可能性がある。



べプリジルの洞調律維持効果は他のI群より劣り、突然死のリスクが高い可能性がある。

☑️はじめに

J-BAF試験は医師主導で行われた臨床試験です。

それまで国内で経験的に行われたぺプリジル少量投与による持続性心房細動を洞調律に戻す効果を検証したものです。

試験の結果、用量依存的に洞調律に戻す効果が確認されました。

しかし心房細動の再発は多く、洞調律を維持できたのは少数でした。

さらに催不整脈効果があり、試験中に1例の突然死がありました。

適応追加されましたが、試験に携わった医師からは、新規に持続性心房細動の治療としてべプリジルを処方しないと言わしめています。

これはCAST試験に匹敵するインパクトのある論文と思います。

プロローグ

👨‍⚕️💭
👩‍🎓どうしたの?

👨‍⚕️ベプリジル服用の方の薬歴見直してたら、一度動悸が無くなってもAF再発が多いような…

👩‍🎓鋭い

J-BAFの時点で100mg/日で同調律が3ヵ月維持出来たのは8%と分かっていました

効果は用量依存ですが、200mg/日では1%以上で突然死のリスクが

👨‍⚕️諸刃と言うには…

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA