シンバスタチンはフルコナゾールと安全に併用できますか?



シンバスタチンはフルコナゾールと安全に併用できますか?

☑️はじめに

シンバスタチン(リポバス®)とカンジダ治療薬のフルコナゾール(ジフルカン®)は薬物相互作用がある

シンバスタチン5mg服用中の80歳女性に、フルコナゾール50mgが処方されました。これって併用注意…ですよね。

添付文書では併用注意、類薬のイトラコナゾール(イトリゾール®)は併用禁忌

ジフルカン®の添付文書はリポバス®を併用注意としています。

併用注意
(併用に注意すること)
6. 薬剤名等
HMG-CoA還元酵素阻害薬
 アトルバスタチン
 シンバスタチン等
臨床症状・措置方法
これらの薬剤の血中濃度が上昇することがある。
機序・危険因子
本剤はこれらの薬剤の肝臓における主たる代謝酵素であるCYP3A4を阻害するので、併用によりこれらの薬剤の血中濃度が上昇することがある。

出典: www.info.pmda.go.jp

一方、リポバス®️の添付文書はフルコナゾールの類薬であるイトラコナゾールを併用禁忌としています。

併用禁忌
(併用しないこと)
1.薬剤名等
イトラコナゾール:
イトリゾール
ミコナゾール:
フロリード
臨床症状・措置方法
急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすい。
機序・危険因子
これらの薬剤はCYP3A4を阻害し、本剤の代謝が抑制される。

出典: www.info.pmda.go.jp


次に掲げる成書には、イトラコナゾールの併用でシンバスタチンのAUCが19倍に増加すると記載されています。1)

「これからの薬物相互作用マネジメント―臨床を変えるPISCSの基本と実践」
スタチンとアゾール系抗真菌薬の相互作用一覧(2014年1月現在)

出典: www.jiho.co.jp

AUC(area under the blood concentration time curve)は、薬物の血中濃度を時間で積分したもので、生体が利用できる薬物の総量を表します。一般に投与量に比例して増加します。

フルコナゾール併用により、シンバスタチンのAUCはどの程度上昇するのでしょう。併用注意と言うものの、いったい何に注意すれば良いのでしょう?

本記事は添付文書以上の情報を得る手順を紹介します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA