太陽病期の方剤の小青竜湯、気管支喘息にどんなエビデンスがありますか



太陽病期の方剤の小青竜湯、気管支喘息にどんなエビデンスがありますか

☑️はじめに

昭和初期において、喘息は漢方薬で治療されていました。

今日ではアレルギー性鼻炎の薬と認知されている小青竜湯も、治療選択肢のひとつでした。

今日の喘息ガイドラインのなかで、小青竜湯はどのような立ち位置なのでしょう。

小青竜湯はどのようなエビデンスを持っているのでしょうか。

また漢方の運用において、有効性を担保したり副作用を回避するため、隋証治療の知識が必要です。伝統的な小青竜湯証とはどのようなものでしょう。

本記事ではこれら3点について見て行きたいと思います。

さくら先輩、盛り沢山ですね。

ありふれた薬だからこそ、先入観を捨てて、丁寧に学ぼうね。

プロローグ

Rp.小青竜湯✨
👨風邪気味で少しぜーぜーしてます。水っ洟でますね。
👩💭体力中程度ね。間欠型の喘息既往、水滞あり、と。

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きは会員ログイン後、またはブラウザのまま視聴できるラジオでどうぞ。


Googleアイコンをクリックすると無料登録/ログイン出来ます。会員規約にご同意の上、14日間の無料トライアルをお試し下さい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について