CYP2D6に関する記事をまとめました。遺伝子多型の種類と日本人での割合、薬物相互作用など。分かりやすく解説しています。




CYP2D6に関する記事をまとめました。遺伝子多型の種類と日本人での割合、薬物相互作用など。分かりやすく解説しています。

はじめに

テイラーメード医療と言う言葉があります。個人個人に最適化された医療と言う事と思いますが、代謝酵素の個人差に応じた薬の選択や用量の調整は、分かりやすい例になると思います。

今回は、薬物代謝酵素CYP2D6に関する記事をまとめました。

遺伝子多型とCYP2D6

遺伝子多型と言って、薬物を代謝する酵素の代謝能力に個人差がある場合があります。

CYP2D6も遺伝子多型のある薬物代謝酵素です。

日本人での分布割合と、起こりうる有害事象

CYP2D6の遺伝子多型は表現型からは次のように分類され、日本人での分布の割合が調査されています。

UM(ultrarapid metabolizer):酵素活性が異常に亢進。日本人の1%程度。(例)コデインからモルヒネへの変換が亢進され、呼吸抑制。

EM(extensive metabolizer) :通常の代謝活性。日本人の60%程度。

IM(inter mediate metabolizer):EMの約50%の活性しかない。日本人の40%程度。(例)プロメタジンの代謝が遷延して、眠気。

PM(poor metabolizer):代謝活性がほとんどない。日本人の1%未満(欧米では7~10%)。(例)プロメタジンの代謝が遷延してひどい眠気。

見分け方のヒントをブログ記事で紹介している

例で挙げたように、CYP2D6で代謝される薬剤で副作用が強く出た経験のある人はCYP2D6のPMやEMである可能性が予測されます。

記事をご覧頂ければ、自分のCYP2D6の代謝能を推定するヒントや注意が必要な薬が分かるようになります。

授乳しているお母さんと、12歳未満の子どもさんのいる家は、家庭に置いてある市販の風邪薬に咳止め成分のコデインが入っていないか、確かめておきましょう。

風邪薬のPL配合顆粒を飲んで、とても眠くなったことがある人は、お薬手帳の副作用欄に、そう書いておいた方がよい深い理由✏

PL配合顆粒でひどい眠気が出た人が、受診時にそれを伝えなくてはいけない、たったひとつの理由。

パキシル(一般名パロキセチン)を飲んでいる人が、眼科を含めて他の病院を受診するときにしなければいけない、たったひとつのこと。

鬱の薬のパロキセチンを飲んでいる人が、病院や薬局で風邪薬をもらう時に申告しないと行けないたったひとつの理由。風邪薬によってはひどく眠たくなる場合があり、危険です。

コラム

職場の悩みはありませんか?わたしも最初の職場がどうしても合わず、1年足らずで退職しました。今の職場は上司や同僚に恵まれ、毎日楽しく働いています。

あなたが現状に悩んでいるのであれば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

転職を考える場合、現在の環境から離れることを一番に考えてしまいがちですが、転職先には現在の職場にない問題があります。

わたしはラッキーでしたが、転職後の方が辛い思いをしてしまった、と言う話も耳にします。

自分に適した職場を見つけるためには、頼れるスタッフに協力してもらうことが重要です。

回り道のように見えますが、転職を成功させるための最短の近道と思います。

あなたも1歩踏み出してみてはいかがでしょうか?
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア

スポンサーリンク

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です