BENEDICTでは正常アルブミン尿の高血圧合併2型糖尿病患者における降圧剤の違いを検討している。ACE阻害薬のトランドプリルは微量アルブミン尿の発症を有意に抑制した。

BENEDICTでは正常アルブミン尿の高血圧合併2型糖尿病患者における降圧剤の違いを検討しています。

ACE阻害薬のトランドプリルは、プラセボ及びCa拮抗薬のベラパミルに比して、微量アルブミン尿の発症を有意に抑制しました1)。

以下、論文アブストラクトの機械翻訳を掲載します。

「背景:多施設二重盲検ランダム化ベルガモ腎症糖尿病合併症試験(BENEDICT)は、アンギオテンシン変換酵素阻害剤および非ジヒドロピリジンカルシウムチャネル遮断薬が、単独または組み合わせて、高血圧の被験者における微小アルブミン尿症を予防するかどうかを評価するために設計された2糖尿病、および正常尿アルブミン排泄が含まれる。

方法:トランドラプリル+ベラパミル、トランドラプリル単独、ベラパミル単独、プラセボの4群に無作為に割りつけられた1204名の被験者を少なくとも3年間の治療を受けるように研究した。目標血圧は120/80 mmHgであった。

主要エンドポイントは、持続性微小アルブミン尿症(2回連続して1分当たり20μg以上のアルブミン排泄)であった。

結果:トランドラプリル+ベラパミルを投与した被験者の5.7%、トランドラプリルを投与した被験者の6.0%、ベラパミルを投与した被験者の11.9%、対照対象者の10.0%がプラセボ投与を受けた。

ベラパミルとトランドラプリルとプラセボとの比較(P = 0.01)については、既定のベースライン特性に合わせて調整した推定加速係数(疾患進行の加速または遅延における1つの治療の効果を定量化する)は0.39であり、トランドラプリル(P=0.01)、ベラパミルとプラセボの比較では0.83であった(P=0.54)。

トランドラプリル+ベラパミルおよびトランドラプリル単独では、微小アルブミン尿の発症がそれぞれ2.6倍および2.1倍遅れた。重篤な有害事象はすべての治療群で同様であった。

結論:2型糖尿病および高血圧ではあるが正常アルブミン尿の患者では、トランドラプリル+ベラパミルおよびトランドラプリル単独の使用は、微量アルブミン尿の発生率を同様に低下させた。ベラパミル単独の効果はプラセボの効果と同様であった。」

1)N Engl J Med. 2004 Nov 4;351(19):1941-51. Epub 2004 Oct 31  Preventing microalbuminuria in type 2 diabetes.

PMID: 15516697

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です