WASID試験では、頭蓋内狭窄のある非心原性脳卒中予防効果はWFと抗血小板薬は同等であり、WFは出血が多く見られた。



脳梗塞/TIAの既往があり、低用量アスピリンを服用していた患者さんが、心房細動から抗凝固療法を開始する必要が生じた場合、抗凝固薬のみ処方になるケースを散見します。

WASID試験は、この場合のエビデンスとなる研究です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA