WASID試験では、頭蓋内狭窄のある非心原性脳卒中予防効果はWFと抗血小板薬は同等であり、WFは出血が多く見られた。

脳梗塞/TIAの既往があり、低用量アスピリンを服用していた患者さんが、心房細動から抗凝固療法を開始する必要が生じた場合、抗凝固薬のみ処方になるケースを散見します。

WASID試験は、この場合のエビデンスとなる研究です。

WASID試験では、頭蓋内狭窄のある非心原性脳卒中患者を2群に分けて、それぞれワーファリン(WF)と抗血小板薬を投与、予防効果と安全性を検討しています。

結果、予防効果はWFと抗血小板薬は同等であり、WFは出血が多く見られました1)。

冒頭のケースは、ワーファリン単剤で良いと解釈出来ると考えます。

以下、アブストラクトの機械翻訳です。

「背景:動脈硬化性の頭蓋内動脈狭窄症は、脳卒中の重要な原因である。ワルファリンは、この障害のためにアスピリンよりも一般的に使用されていますが、これらの治療法はランダム化試験では比較されていません。

方法:頭蓋内動脈の50〜99%の血管狭窄症に起因する一過性脳虚血発作または脳卒中を有する患者に、ワルファリン(目標国際標準比2.0〜3.0)またはアスピリン(1日当たり1300mg)をダブルブラインド、多施設臨床試験。

主要なエンドポイントは、虚血性脳卒中、脳出血、または脳卒中以外の血管の原因による死亡であった。

結果:569例の患者が無作為化された後、ワルファリンを投与された患者の安全性への懸念から入院が中止された。

1.8年間の平均フォローアップ期間中、2群の有害事象には、アスピリン群で4.3%、ワルファリン群で9.7%、ワルファリンに対するアスピリンのハザード比0.46,95%信頼区間、 (ハザード比0.39,95%信頼区間0.18〜0.84、P = 0.01)。

心筋梗塞または突然死(2.9%対0.29-0.90; P = 0.02)、重大出血(3.2%対8.3% 7.3%、ハザード比0.40、95%信頼区間0.18〜0.91、P = 0.02)。

血管の原因による死亡率は、アスピリン群で3.2%、ワルファリン群で5.9%であった(P = 0.16)。

非血管性の原因による死亡率はそれぞれ1.1%と3.8%であった(P = 0.05)。

主要評価項目はアスピリン群22.1%、ワルファリン群21.8%(ハザード比1.04、95%信頼区間0.73〜1.48、P = 0.83)であった。

結論:ワルファリンは有害事象の発生率が有意に高く、この試験ではアスピリンに比べて有益ではなかった。

アスピリンは、頭蓋内動脈狭窄を有する患者のためにワルファリンに優先して使用すべきである。」

1)Chimowitz MI ey al. Comparison of warfarin and aspirin for symptomatic intracranial arterial stenosis. N Engl J Med. 2005 Mar 31;352(13):1305-16. PMID: 15800226

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です