微量アルブミン尿のある2型糖尿病患者160人を多因子治療群と標準治療群に分け、検討が行われた。全死亡は46%抑制された。

糖尿病の治療は、単に血糖コントロールを改善するだけでなく、血圧やコレステロール値も良好にコントロールすることが重要です。

今回紹介する論文は、多因子の治療の有効性を検討したものです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA