微量アルブミン尿のある2型糖尿病患者160人を多因子治療群と標準治療群に分け、検討が行われた。全死亡は46%抑制された。

糖尿病の治療は、単に血糖コントロールを改善するだけでなく、血圧やコレステロール値も良好にコントロールすることが重要です。

今回紹介する論文は、多因子の治療の有効性を検討したものです。

微量アルブミン尿のある2型糖尿病患者160人を多因子治療群と標準治療群に分け、HbA1c<6.5%、TCHO<175, 空腹時TG<150, sBP<130, dBP<80を多因子治療群の治療目標とする検討が行われています。

平均治療期間7.8年で、その後5.5年は群間治療差は設けず観察のみ行いました。全死亡リスクは0.54倍(95%CI;0.32-0.89)、心血管死0.43倍(95%;0.19-0.94)、心血管イベント0.41倍(95%CI;0.25-0.67)と有意に低下していました1)。

以下、論文アブストラクトの機械翻訳を掲載します。

「背景:厳格なグルコース調節およびレニン – アンギオテンシン系遮断薬、アスピリン、および脂質低下剤の使用による、多因子介入の強化は、2型糖尿病および微小アルブミン尿症の患者における非致死性心血管疾患のリスクを低減することが示されている。

我々は、このアプローチがどんな原因および心臓血管の原因による死亡率に影響を与えるかどうか評価した。

方法:Steno-2 Studyでは、2型糖尿病および持続性微小アルブミン尿症患者160人に、集中治療または従来の治療のいずれかをランダムに割り当てた。平均治療期間は7.8年であった。続いて、患者を平均して5.5年間観察し、2006年12月31日まで追跡した。13.3年間の追跡期間の主要評価項目は、いかなる原因による死亡時期であった。

結果:寛解療法群の24人の患者が死亡した(ハザード比0.54、95%信頼区間[CI] 0.32〜0.89、P = 0.02)。

集中治療は、心血管系の原因(ハザード比、0.43; 95%CI、0.19〜0.94、P = 0.04)および心臓血管イベント(ハザード比、0.41; 95%CI、0.25〜0.67; P) <0.001)。

集中治療群の1人の患者は、慣習療法グループの6人の患者と比較して末期腎疾患への進行があった(P=0.04)。

集中治療群では、網膜の光凝固術を必要とする患者が少なかった(相対リスク0.45,95%CI 0.23-0.86、P = 0.02)。

主要な副作用はほとんど報告されなかった。

結論:2型糖尿病のリスクのある患者では、複数の薬剤の併用および行動の変更による集中的介入が、血管合併症およびあらゆる原因および心臓血管の原因による死亡率に関して有益な効果を持続していた。」

1)Effect of a multifactorial intervention on mortality in type 2 diabetes. N Engl J Med. 2008 Feb 7;358(6):580-91. doi: 10.1056/NEJMoa0706245.  PMID: 18256393

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です