前向きコホート研究により、2,046人を14年フォローして高尿酸血症と痛風の初発率を評価した。

前向きコホート研究により、2,046人を14年フォローして高尿酸血症と痛風の初発率を評価した報告があります1)。

尿酸値が9.0mg/dL以上では年間4.9%、7.0~9.0で0.5%、7.0以下で0.1%に痛風を新規発症しました。尿酸値9.0以上の場合、5年間の痛風累積発症率は22%でした。

高尿酸血症患者は他の基礎疾患(肥満、高血圧、脂質異常症)を有する場合が多く見られます。これらは痛風発症のリスク因子であり、例えば高血圧では発症リスクが3倍でした。

また、試験終了時、血清クレアチニンが2.0以上になったのは僅か0.7%で、高尿酸血症により腎機能が悪化する証拠は示されませんでした。

以下、アブストラクトの機械翻訳です。
「無症候性の高尿酸血症の結果を定量化するために、本研究では、30,147人年の前向き観察に基づいて、痛風性関節炎の最初の発症率を調べた。規範的老化研究における最初の健常男性2,046人のコホートを14.9年間追跡調査し、尿路水準を測定した。

以前の血清尿酸値が9mg / dl以上の場合、痛風性関節炎の年間発生率は4.9%であったのに対し、尿酸値は7.0〜8.9mg / dl、0.1%は7.0mg / dl未満であった。尿酸値が9mg / dl以上の場合、痛風性関節炎の累積発生率は5年後に22%に達した。発生率は、高血圧患者では正常血圧患者よりも3倍高かった(p<0.01)。

比例ハザードモデルにおける痛風の最も強い予測因子は、年齢、体格指数、高血圧、コレステロール値、アルコール摂取量であった。血清尿酸値がモデルの因子となったとき、これらの変数のどれもが独立した予測力を保持しなかった。

最後の検査では、参加者の0.7%のみが2.0mg / dl以上の血清クレアチニンレベルを有し、高尿酸血症に起因する腎臓の悪化の証拠はなかった。これらのデータは、無症候性高尿酸血症の保存的管理を支援する。」

1)Campion EW, et al. Asymptomatic hyperuricemia. Risks and consequences in the Normative Aging Study. Am J Med. 1987 Mar;82(3):421-6. PMID: 3826098

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です