前向きコホート研究により、2,046人を14年フォローして高尿酸血症と痛風の初発率を評価した。

前向きコホート研究により、2,046人を14年フォローして高尿酸血症と痛風の初発率を評価した報告があります1)。

尿酸値が9.0mg/dL以上では年間4.9%、7.0~9.0で0.5%、7.0以下で0.1%に痛風を新規発症しました。尿酸値9.0以上の場合、5年間の痛風累積発症率は22%でした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA