初めて見たオグサワ処方。オグシオに似ているネーミングの意味は?

こんばんは。アロマ薬剤師🌿ゆき🌿です。今日は怒濤の処方箋ラッシュでした。普段は60%で流しているのですが、一時的に100%の力を出していましたね😅薬局スタッフのみなさまも、お疲れ様でした。

さて、今日は珍しい処方箋を見ました。

オーグメンチンSR錠250 3錠 分3
サワシリンカプセル250mg 3カプセル 分3
(分3は3回に分けて飲む、と言う意味のです。)

😲オグサワだ!

そう、小椋選手と潮田選手でオグシオだったように、オーグメンチンとサワシリンでオグサワ処方なのです✨

細菌性肺炎の外来で使用される処方です。実はどちらも抗生物質なのですが、サワシリンはアモキシシリンと言うペニシリン系抗生物質、オーグメンチンはアモキシシリンにクラブラン酸が配合された抗生物質です。

😔あれ?ペニシリンが、かぶってますね。クラブラン酸って、何でしょう?

クラブラン酸は、ペニシリンを壊すβ(ベータ)ラクタマーゼと言う酵素を邪魔する薬です。耐性菌の中には、βラクタマーゼをつくる菌がいるのです。いわゆる耐性菌です。肺炎の場合、インフルエンザ菌が、このタイプの耐性菌として問題になります。

ペニシリンが被るのは、理由が2つあります。

①保険適応されるより高用量でペニシリンを使いたいので、2種類の上限を組み合わせて処方した。

②オーグメンチンを倍量で使用すると、クラブラン酸の量が多くなりすぎるので、単味のサワシリンを組み合わせて処方した。

ペニシリンを高用量で使いたい理由は、ペニシリンが結合する細菌由来のたんぱく質が、変異を起こしていて、通常用量より多くしなければ結合しない場合があるからです。いわゆる耐性菌です。肺炎の場合は、肺炎球菌が、このタイプの耐性菌として問題になります。

オグサワ処方は、日本感染症学会、日本化学療法学会の合同ガイドラインでも、細菌性肺炎の第一選択として言及されている処方です。

オグシオと同じように、コンビを組むことで力を発揮するオグサワ処方、わたしたちも薬局のチームとして、業務で個人では出せない力が、発揮出来たら素晴らしいなと思いながら、筆を置きたいと思います✨

参考文献
JAID/JSC感染症治療ガイド2014



0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です