処方解析の記事をまとめました。

処方解析の記事をまとめました。

珍しい処方箋について、わたしが調べた事を書いています。

みなさんの業務に役立てて頂けたら幸いです。

参考にした書籍も紹介しました。知識のアップデートに、ご利用下さい。

「処方箋の”なぜ”を病態から推論する」を若手だけでなく中堅以上の薬局薬剤師にもお勧めしたい理由。

「処方箋のなぜを病態から推論する」を中堅以上の薬剤師にも勧める理由 その2

潜在性結核感染症の治療はイソニアジド単剤で行われ、リスクのある方には神経障害を回避する為にピリドキサールが予防投与されます。

処方解析。透析患者に対する、肺MAC症の治療。

カペシタビンとアプレピタントの併用はC法になるので、カペシタビンの用量監査に注意しましょう。

顔の片側のみ麻痺があり、耳鳴りやめまい、耳痛などのない場合は、Bell麻痺の可能性があります。

顔面神経麻痺で、難聴・めまい・耳鳴りが伴い、耳や口のなかに帯状疱疹がある場合は、すぐに病院を受診しましょう!

参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です