テグレトールを飲んでいたら、グレープフルーツジュースは飲まない方が良いですか?

こんにちは。これを読んでおられる中には、テグレトール(カルバマゼピン)を服用しているお子さんがある方もいらっしゃると思います。

今日は、テグレトールの意外な飲み合わせの話です。

テグレトールはグレープフルーツジュースと飲み合わせが良くない

テグレトールには、他の薬と注意が必要な飲み合わせがある事を、ご存知の方も多いと思います。

それだけでなく、飲食物にも注意が必要なものがあります。有名なのはグレープフルーツジュースです。

なぜジュースと飲み合わせが良くないのでしょう?

テグレトールとグレープフルーツの飲み合わせが良くない理由

グレープフルーツの果汁には、フラノクマリンと言うフラボノイドが含まれています。

ジュースを飲むと、小腸の粘膜にある薬を分解する酵素、専門的に言うとCYP3A4(シップ・スリーエーフォー)と呼ばれる酵素と、フラノクマリンが結合します。

すると、CYP3A4は、酵素としての機能を無くしてしまうのです。この効果は、酵素が新しく作られるまでの数日間、持続します。

テグレトールはこの酵素で分解されるため、ジュースを飲むと体内に吸収される薬の量が増える訳です。

テグレトールを飲んでいる間は、グレープフルーツジュースは飲まない方が無難

今見てきたような理由で、テグレトールとグレープフルーツジュースは時間をずらして飲んでも、やっぱり体内に吸収される薬の量は増えます。

また、過去に発表された論文のなかに、グレープフルーツジュースと一緒に飲むことで、テグレトールの血中ピーク濃度が1.4倍になったと言う報告があります。

テグレトールの至適血中濃度は4~12μg/mL(文献によっては4~10μg/mL)と幅が狭く、上限近くでコントロールしている場合は、グレープフルーツジュースの併用で至適濃度を超えることがあるかも知れません。

8μg/mL以上で、頭痛、嘔気、傾眠、活動性の低下、不安などが起こることが知られています。

テグレトールを服用しているお子さんは、出来ればグレープフルーツジュースの飲用は避けたほうが良いかも知れません。

柑橘類は、個別に薬剤師に確認すると安心

柑橘類の中には、類似の効果を持つものもありますし、影響の少ないものもあります。

これは食べても大丈夫かな、と思った時は、いつも薬をもらう薬局の薬剤師に聞いて頂ければ、適切な答えをお伝えする事が出来ると思います。

いかがだったでしょうか?家族の健康を守るご参考になさって下さい。

健康生活アドバイザー、ゆきでした。

薬剤師の仕事に興味を持ったあなたに全力でお勧めのコミックです☺✨


⬇参考になった、と思って下さったあなた、バナークリックをお願いします✨

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

自分だけ知ってるのはもったいないと思って下さったあなた、⬇のSNSボタンでシェアをお願いします😉

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です