血清中テオフィリン濃度の測定に基づく最終的な投与量の調整



血清中テオフィリン濃度の測定に基づく最終的な投与量の調整

☑️はじめに

喘息の治療薬はICSが基本となりました。

ですが、重積発作の緩解や中等度~重度の症例においては、いまだテオフィリンは治療上重要な位置を占めています。

安全で効果的に用いるには、血中濃度モニタリングが重要です。

さくら先輩、TDMのデータからどのように用量調整したら良いですか?

ゆきさん、良い質問ね。一緒に見て行きましょう。

プロローグ

👩‍⚕️テオフィリンの用量調整を教えて下さい

👨‍⚕️5~15ug/mLが有効血中濃度域とされる

👨‍⚕️血中濃度測定の結果と、患児の喘息症状を考え合わせて用量が決定されるよ

👨‍⚕️監査の時には体調もきめ細やかに確認出来るといいね

👩‍⚕️はい、先輩❗

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA