ピルシカイニドは腎機能に応じてGiusty-Hayton法で減量する。



ピルシカイニドは腎機能に応じてGiusty-Hayton法で減量する。

☑️はじめに

Aさんは62歳女性。持続性心房細動の治療を受けています。身長は155cm、体重39kg、BMI16.2と小柄で痩せ型の体格です。

処方は抗凝固薬のダビガトラン 110mg 1カプセル、不整脈の薬のピルシカイニド 50mg 1カプセルを12時間おきに服用しています。

ダビガトランとピルシカイニドはどちらも尿から排泄される薬ですので、腎機能に応じて用量の調節が必要です。

さくら先輩、ダビガトランの用量から腎機能低下と予想します。ピルシカイニドはニュースにもなっていましたが、この用量で妥当ですか?

ゆきさん、いい機質問ね。詳しくレクチャーしよう。

プロローグ

Rp.
ダヒガトラン110mg 2c
ピルシカイニド50mg 2c 分2

👧先輩、ピルシカイニドの監査はどうしたら良いですか?

👩ノモグラムを使う手もあるけど、Ccrが分かればGiusti-Hayton法で計算してもいいよ

👧じ、じゅすてぃへい…

👩あはは、時間があるから詳しくレクチャーしよう

👧はい

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA