高齢者のバラシクロビルは減量され、アセトアミノフェンが選択されなければいけない



高齢者のバラシクロビルは減量され、アセトアミノフェンが選択されなければいけない

☑️はじめに

さくら先輩、90歳の方にバラシクロビルが満量処方されています。

ゆきさん、疑義照会が必要ね。後でその理由を詳しくレクチャーしようね。

プロローグ

👧「先輩…」
「?」👩
バラシクロビル 3000mg 分3
ロキソプロフェン 60mg 疼痛時

👧「それが…92歳小柄な女性です」
「おお。」👩

👧「個別eGFR34です」

「減量だね。鎮痛剤もアセトアミノフェンがいいかな」👩

☎️「バラシクロビル2000、アセトアミノフェンで」

👧👩👌完

出典: twitter.com

運営者から、クローズドコミュニティに対する思いをお伝えしています。

クローズドコミュニティが今後の主流になるたったひとつの理由

記事の続きをどうぞ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA