鬱の薬のパロキセチンを飲んでいる人が、病院や薬局で風邪薬をもらう時に申告しないと行けないたったひとつの理由。風邪薬によってはひどく眠たくなる場合があり、危険です。

こんばんは。研修認定薬剤師の奥村です。

風邪のシーズンですが、皆さんは大丈夫でしょうか。私は毎日マスクをして薬局のカウンターに立っています。

さて、風邪薬には大抵、抗ヒスタミンと言う成分が含まれています。鼻水や鼻づまりに効果がありますが、眠たくなる副作用があります。

この抗ヒスタミンは、鬱の薬のパロキセチンを飲んでいると眠気が強く出るものがあります。この理由を説明したいと思います。

薬の多くは肝臓の酵素で代謝され、薬効がなくなります。ところが、薬の中にはこの酵素の働きを邪魔するものがあります。

パロキセチンは薬物代謝酵素の「CYP2D6(シップツーディーシックス)」と呼ばれるものを働かなくさせてしまいます。代謝が正常な人でも、生まれつきこの酵素の働きが弱い人と同じくらいに低下します。1~数週間の服用で、この現象が起こります1)。

PL配合顆粒に含まれるプロメタジンや、市販の感冒薬に含まれるジヒェンヒドラミン、クロルフェニラミンと言った抗ヒスタミンはCYP2D6で代謝されます。

代謝能力が中程度の人が抗ヒスタミンを飲んだ場合も、過度の眠気が出ると言う報告もありますので、パロキセチンとの併用で重度の眠気が出る可能性を考えなくては行けません2)。

もしもこのブログを読んでいる方でパロキセチンを服用されていましたら、風邪薬にご用心下さい。飲み合わせに心配がありましたら、私たち薬剤師にご相談下さい。私たちはそのためにいます。

1)Inhibition of cytochrome P4502D6 activity with paroxetine normalizes the ultrarapid metabolizer phenotype as measured by nortriptyline pharmacokinetics and the debrisoquin test. Clin Pharmacol Ther. 2001 Oct;70(4):327-35. PMID: 11673748
パロキセチンはCYP2D6の強い阻害薬であり、1~数週間の服用で表現型が正常代謝型個体(EM)から低・欠損型個体(PM)様に変換するとされます。

2)Impact of CYP2D6*10 on H1-antihistamine-induced hypersomnia. Eur J Clin Pharmacol. 2006 Dec;62(12):995-1001. Epub 2006 Nov 7. PMID: 17089107
CYP2D6中程度代謝型個体(IM)でも過度の眠気が出ると言う報告があります。

参考「エキスパートが教える薬物動態」じほう

関連記事です。

授乳しているお母さんと、12歳未満の子どもさんのいる家は、家庭に置いてある市販の風邪薬に咳止め成分のコデインが入っていないか、確かめておきましょう。

風邪薬のPL配合顆粒を飲んで、とても眠くなったことがある人は、お薬手帳の副作用欄に、そう書いておいた方がよい深い理由✏

PL配合顆粒でひどい眠気が出た人が、受診時にそれを伝えなくてはいけない、たったひとつの理由。

パキシル(一般名パロキセチン)を飲んでいる人が、眼科を含めて他の病院を受診するときにしなければいけない、たったひとつのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です